Weblog

Thunderbird 1.5リリース

via: Thunderbird 1.5 がリリースされたmozillaZine 日本語版).

Mozilla Corporationが11日にThunderbird 1.5をリリースしました.1.0系では,ソフトのアップデートをする際には,一度前のバージョンをアンインストールしてから,新しいバージョンをインストールする必要がありましたが,1.5では「ヘルプ」から「ソフトウェアの更新を確認」(Windows版の場合)を選ぶだけで,最新のパッチをあてるだけでよくなりました.それ以外にもフィッシング検出機能や,下書きへの自動保存機能などが追加されています.

また,1.5からポッドキャスティング機能が搭載されています.メッセージを開くと,メールで言うところの添付ファイルのような表示をし,メディアファイルを好きなところへダウンロード/保存できるようになっています.同時にダウンロードできるメディアファイルは調べた限りでは,2つ同時が精一杯のようです.

なお,Thunderbirdから送られた添付ファイル付きのメールを受信すると,ファイル名が正しく表示されなかったり,添付ファイルとして認識されない場合があるそうです.このバグを回避する方法としてパッチをダウンロードしてインストールするか,設定エディタを開いて設定を変更するか,あるいはuser.jsを使う方法がありますが,設定エディタを使って変更する方法を紹介します(Windowsの場合).

  • Thunderbirdを起動する
  • 「ツール」から「オプション」を選ぶ
  • 「詳細」から「一般」タブを選び,「設定エディタ」ボタンをクリック
  • 設定名「mail.strictly_mime.parm_folding」を探し出し,値を整数の「0」を入れてOKボタンを押す

これで設定は終了です.

作成時間:
2006年1月15日 午後11時35分
タグ:
Software / Web Service
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2006/01-15-04.html
前のエントリ:
iTunes 6.0.2,QuickTime 7.0.4同時リリース
次のエントリ:
Ajaxを使った実験