Weblog

Nvu 1.0を実際にいじってみる

先日,Nvu 1.0リリースという記事を書きましたが,今回はそのNvu1.0を実際に使ってみながら操作した感じをレポートしてみます.

前回,日本語パッチを入れたものの,起動しなくなったので,英語版をそのままいじっています.今,日本語を流し込んでいますが,それほど違和感無く使えています.文書自体はXHTML 1.0Transitionalで書いているので,XHTML文書でも保存できないことはないのですが,エンコーディング指定が無視されるようなので,HTML文書として書いておくといいようです.

WYSIWYG表示でもコード表示からでも編集が出来るため,好きなほうから編集が出来るようになっています.今回はWYSIWYG表示で編集しながら書いてますが,操作はかなり簡単に出来ているようです.NetscapeComposerでは,フォームは直接コードを書く必要がありましたが,Nvu1.0ではツールバーに乗っかっているので,直接編集も出来ます.この進歩はNetscapeComposerと比べると,かなりのものといえるようです.

現段階では日本語版は出ていませんが,英語版でも十分いけるようです.メニューなどは英語表記ですが,技術英語なので日常で使う英語に専門用語を追加しているだけのものです.なので,辞書を引きながら使えば,英語が苦手な人でも十分使えるものになっていると思います.

追伸 業務用アプリケーションとして使うには十分かもしれませんが,DreamweaverAdobeGoLiveのシェアを奪えるほどのものではないと思います.

作成時間:
2005年7月2日 午後1時39分
タグ:
Software / Web Service
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2005/07-02-01.html
前のエントリ:
Nvu 1.0リリース
次のエントリ:
シェアウェアの中にトロイの木馬?