Weblog

善意の中に潜む悪意

via: 善意を装うCコンテストSlashdot Japan).

Underhanded C Contest(Underhandedとは,「秘密の」とか「悪意の」の意味)というコンテストがあるそうだ.このコンテストの趣旨は「読みやすくて安全そうにみえるプログラムが,実はウラでこっそりと悪いことをするプログラムを募集する」というものらしい.ただ,コンテストの目的は「コードレビューの必要性を啓蒙すること」なので,ただ動かすだけではなく,理解できる人が読めば中身が理解できるソースコードを書くという,非常に基本的な部分まで見られてしまう,コンテストというわけだ.うは.

ちなみに今回のテーマは「画像処理をすると見せかけて識別情報を埋め込む」だそうだ.使用できるのは基本的にC言語オンリーだが,必要ならプラットフォーム依存,C++の使用,外部ライブラリの使用も認められるとのこと.賞品は基本的にビールだが,気に入らない場合は代替品を要求することも可,という一文にワロタ.

ちなみにオイラは,C言語はポインタでつまづきました.

作成時間:
2005年6月13日 午前11時00分
タグ:
Programming
このページのURL:
http://www.kiryushiki.net/log/2005/06-13-01.html
前のエントリ:
PHPの勉強を始める
次のエントリ:
1980円のLinux